HOME>トピックス>住まい探しのルール

購入は後回しにする

長岡京市は交通の便が大変よく、結婚を期に新居選びを不動産屋で行うケースが増加しています。賃貸でも親との同居はするのか、子供をいつ頃もつか、といったライフプランに加え、通勤や買い物の利便性、住居周辺の環境などをメモしながら、条件に合った新居を探しましょう。そして、ネットや不動産情報誌で見るのとでは印象が違うものですから、必ず自分たちの目で確認しましょう。長岡京市には、マンションの賃貸で新生活を始める人が圧倒的に多いようで、相談も、ひとまずは住むために借りて、その後に購入を考えている、そうした話しをするのもマナーです。

相場を知ることからスタート

一度引っ越してしまうと、なかなか次の引っ越しに腰が重たくなるものです。新しい住まい探しは慎重に行い、賃貸でも長く住める環境の新居を選びましょう。長岡京市の家賃相場は、1LDK・2K・2DKで約6.2万円です。家賃目安は収入の30%といわれ、引っ越しや将来まで考えれば、この目安は超えないほうが賢い選択です。

余裕をみながら相談

新婚で、長岡京市にて長期的な入居を考えていて、子供もすぐに欲しい場合には、少し余裕のある2LDKくらいが丁度いいでしょう。ルールとしては、子供が生まれて一方が働けなくなった時のことも考え、賃貸でもムリのない範囲で不動産屋に家賃相談をするということです。

新生活には設備も大事

新生活をスムーズに過ごすためには、設備もチェックが必須です。特に、家事を担当する人の使いやすさは重要です。長岡京市の賃貸マンションにも築浅物件のみならず、築20年、30年という中古物件も少なくありません。バス・トイレが別、ベランダやオートロックの有無、収納スペースの場所と広さなどを確認しましょう。見学マナーは、子連れでも騒がず、聞きたいことはその場で聞くということです。

広告募集中