HOME>オススメ情報>スムーズな申込のために揃えておくと良い物と、分譲物件に対する賃貸物件の強み

主な準備作業

住宅模型

入居審査に受からなければ賃貸住宅を借りられませんが、そこでは家賃が滞りなく払えるかどうか、収入とのバランスがチェックされます。そのため賃貸住宅の申込時には、契約者の収入を証明する書類が必要になります。また、賃貸住宅には連帯保証人を立てなければ借りられない物件もあるため、予め両親などへ保証人になってくれるよう、頼んでおきましょう。ただし保証会社を利用する場合は、自前で連帯保証人を探さなくてもOKです。このほか、家賃を口座引き落としで支払う場合は銀行印も必要ですから、紛失したり欠けて印影が異なる際は、先に銀行で印鑑の変更手続きを済ませておきます。それ以外に住民票なども必要ですから、申込時にどんな物を揃えておけば良いか、不動産屋でしっかり確認しておきましょう。

住み始める敷居が低く建物管理工事も不要

何千万という大金を用意しなくても住まいを確保できるのが、賃貸住宅の大きな特長です。さらに持ち家では毎年固定資産税や、エリアにより都市計画税を請求されますが、賃貸住宅ならそれもありません。そのうえ一軒家の場合は外壁塗装をはじめ、家屋のメンテナンス料も定期的に必要なれど、賃貸住宅ならその費用は大家持ちなので借主側は不要です。建物管理工事には大きなお金が掛かるほか、どの業者へ頼むのか、選ぶだけでも大変なケースが少なくありません。賃貸住宅ならその点もノータッチで済みますから、建物の維持や管理で頭を悩まさなくて良いのも強みです。

退室も手軽だから引越しが容易

家族の人数が増えて部屋数が少なくなった場合でも、賃貸住宅なら手軽に別の物件へ引っ越せるのがメリットです。例えば、小学校に通う子供の都合で同じ学区内で引越し先を探す際も、賃貸なら分譲物件より容易に見付けられます。また、持ち家では不可能とも言える気分転換といった軽い理由でも引っ越しやすいのは、賃貸住宅ならではの魅力です。転宅が持ち家より格段に簡単ですから、定期的に新築物件へ引っ越して、常に真新しい部屋で暮らすこともできます。

広告募集中